美肌成分でアンチエイジング

内側から外側から、美肌アンチエイジングにおすすめ成分の基礎知識。

〜コラーゲン〜

コラーゲンは、体の伸縮性、柔軟性、弾力性、しなやかさを保つタンパク質です。
コラーゲンと聞くと美肌成分というのはよく聞きますね。
しかしコラーゲンは、骨や関節、血管、髪、歯ぐき、爪などにもあり、体全体のタンパク質の約30%を占めているそうです。
特に肌では真皮層で無数の網目状の層を作り、ハリや弾力性、しなやかさを保つ、「肌の土台」と言える存在がコラーゲンです。
コラーゲンは動物の皮や軟骨、魚のうろこや皮、骨の周辺にあります。
鶏の手羽先、軟骨、豚足、ふかひれなどがコラーゲンを多く含む食品として有名ですよね。
私たちにとって大事なコラーゲンも、30歳を過ぎた頃から体内で生み出す力が落ちていき、コラーゲン量はどんどん減少していきます。
これによって、肌の衰えや血管の弾力性などが失われ、老化が進んでしまう原因となります。

 

〜ヒアルロン酸〜

ヒアルロン酸は体の水分保持に欠かせない成分で、そのスポンジのような保水力はバツグンです。
年齢とともに体内のヒアルロン酸の量が減っていき、40歳くらいになると生まれた時の20分の1程度に減少してしまいます。
皮膚だけでなく、関節、目、血管、心臓など体のいろいろな部分に存在し
ゼリーのようにドロドロした状態で水分を保つヒアルロン酸は、関節液として関節に余分な衝撃を与えないようクッションとして働いたり
血管の柔軟性を保ったり、ドライアイや目の疲れを予防してくれます。
また傷の修復などにも必要な成分です。
ヒアルロン酸もまた、肌の真皮層にあり、肌の土台になるコラーゲン繊維に水分とうるおいを与える大切な役割をしています。
また、肌の表面や髪を乾燥から守る働きもしていりのです。

 

〜エラスチン〜

エラスチンは、肌の真皮層で肌の土台となるコラーゲン繊維に絡み付き、コラーゲン同士を固定して支える頑丈なゴムみたいな働きをしてくれています。
肌以外にも、子宮、肺、靭帯、軟骨などでエラスチンが臓器の伸縮性を保つように活躍しています。
エラスチンは年齢とともに自分の体でつくりだす力が衰えていき、30歳を過ぎた頃から不足しがちになるため、肌のたるみやシワなどの原因になります。

 

 

〜目的別おすすめ美肌成分紹介〜

 

話題の美肌成分はこちら

 

美肌成分紹介記事一覧


おすすめ美白成分 お肌の老化の原因 話題の美肌成分紹介 乾燥肌の原因