美肌成分でアンチエイジング

注目されている美白成分

メラニンを薄くして作るのを阻害する成分

ビタミンC誘導体

化粧品に配合すると壊れやすいビタミンCを、誘導体にすることで安定化させた成分です。
体の中で酵素反応が起きる事によってビタミンCになります。

 

メラニンが作られるプロセスを阻害すること以外に、メラニン色素の還元作用もある、美白に優れた成分です。

 

ですが、刺激が強いため、肌を乾燥させる作用があります。
乾燥肌の方は単体ではなく、保湿成分も配合されている美容液を選ぶことをおすすめします。

 

ハイドロキノン

チロシナーゼ活性化を阻害する作用と、メラニンを薄くする漂白・還元作用の2つを兼ね備えています。
お肌の漂白剤とも言われるほど高い美白効果が期待できる成分です。

 

ですが美白効果が高い分、刺激が強く安定性が悪いため、以前は皮膚科等での処方のみに限られていました。
現在は濃度低ければ化粧品にも配合できるようになりました。

 

メラニンを作るのを阻害する成分

アルブチン

コケモモや梨、ウワウルシといった植物に含まれている成分です。
チロシナーゼにじかに作用してメラニン生成を抑えてくれます。
また、肌に吸収されるとハイドロキノンになって、メラニン色素を除去する役割りも持っています。

 

α-アルブチンとβ-アルブチンがあって、どちらもハイドロキノン誘導体ですが、ハイドロキノンに比べて、皮膚への刺激はほとんどなくて、安定していることが特徴です。

 

エラグ酸

ブラックベリーやラズベリーやイチゴといった植物に含まれる天然のフェノール系の抗酸化物質で、チロシナーゼの働きを抑えるという働きがあり、高い美白効果を得る事ができると言われています。
アルブチンと同じで、肌に刺激があまりなく、海外ではサプリメント成分としても製品化されています。

 

ルシノール

ポーラ化粧品が開発した医薬部外品の美白成分で、ハイドロキノンと同じような構造を持っています。
チロシナーゼの生成を阻害します。
お肌への浸透性がよく、安定性が高いというのが特徴です。

 

カモミラET

花王が独自に開発した、カモミールから抽出している美白成分です。
シミを作るようにメラノサイトへ命令する情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラニン色素を作るメラノサイトが増殖したり活性化するのを防いでくれます。

 

トラネキサム酸

メラニン色素が生成されるのを抑える働きと、炎症を抑える働きの2つがあります。
美白効果だけでなく、肝斑や肌荒れを改善する役割もあります。

 

リノール酸S

紅花油から抽出された成分です。
チロシナーゼを分解して、余分なメラニンを生成させないように働く成分です。

 

コウジ酸

みそやしょうゆなどの麹菌由来の成分です。
酒などの醸造所で、麹菌を扱う人の手が白く美しいことから発見されたと言われています。
チロシナーゼの働きを抑える働きがあります。

 

プラセンタエキス

これは有名ですので聞いたことがあると思います。
動物の胎盤から抽出される成分で、チロシナーゼを抑制する効果があります。
他にも、新陳代謝や血行を良くするなどの様々な働きを持つことでも有名です。

 

 

〜目的別おすすめ美肌成分紹介〜

 


おすすめ美白成分 お肌の老化の原因 話題の美肌成分紹介 乾燥肌の原因