美肌成分でアンチエイジング

美肌のために気をつけたいこと

乾燥肌の原因でも書いている内容と同じではありますけど
やっぱり、大切だと思うのでもう一度まとめる事にしました。

 

乾燥肌の原因は⇒こちら

 

 

美肌と聞いたら、化粧品が大事と思っている方も多いかもしれません。
もちろん大事ではあるのですが、日々の生活はどうですか?

  • たばこを吸う
  • 睡眠が十分とれていない
  • お菓子を食べる事が多い
  • 油物を食べる事が多い
  • ファーストフードで済ますことが多い

考えれば、次々と出てきますが
これだけでも当てはまる人は多いのではないでしょうか。

 

お気づきの方もいてるかと思いますが
これらは、お肌だけではなく健康にも問題が出てきますので要注意です。

 

健康であれば、自然と比例してくるものです。
なので、次から詳しくお話していきますので日々の生活を見直してみて下さいね。

スキンケア

スキンケアも、毎日行っているとは思いますけど
間違った方法でスキンケアをしていると、お肌に負担をかけていることになります。
さらには、毎日の事ですから続ければ続けるほどに負担がたまっていくわけです。

 

そして、ふと気づいた時には「シミ」「しわ」といった問題が起きているわけです。
では、どういった方法が問題なのかまとめていきます。

 

洗顔の時に強くこすっている

汚れをきれいに落としたいからといって、ごしごしと強くこすることは良いとは言えません。
なぜなら、「指紋とお肌の摩擦でお肌にダメージを与える」という風に言っているお医者さんもいてるんです。
なので、強ければ強いほど負担は大きくなってしまうというのは言われなくてもお分かりいただけたと思います。

 

合わせてスクラブ入りのものを使うなんてことはもってのほかです。
「あのつぶつぶが気持ちいいから」なんて言ってる場合ではないですよ。
↑↑実際に私以外にこんな方がいてるのかわかりませんが、私の周りには今のところはいてないです。

 

このつぶつぶが、お肌に傷をつけてしまう為
それが、お肌の老化へとつながって美肌が離れていってしまいますので気をつけて下さい。

 

化粧水などをつけるときに強くバッティングしている

これも、やっぱりお肌への負担がかかってしまいます。
これも続けていると「たるみ」という問題が出てきてしまいます。

 

脂質成分を必要以上に落とさないものを使う

汚れなどを落とす力が強いものも注意が必要です。
強いものを使い続けると、美肌に大切な成分を毎日一緒に洗い落としているかもしれません。
そうなってしまうと、お肌の保水力が失われてしまい乾燥肌になってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

朝の洗顔は水だけで

これは、芸能人で一番の美肌女性
綾瀬はるかさんが言っていた事ですが、これはとても良い事だと思います。
寝ている間に、お肌を守ってくれる天然の成分が作られ出ているので
それを、洗顔剤を使ってきれいに落としてしまうと
守ってくれるものが無い状態で外に出ていくわけですから、ダメージを受けやすい状態なわけです。
からだで作られるものですから悪いなんて事はないですよね。
朝起きて洗顔剤を使って顔を洗ってる方に言います。
「もったいないです。」

生活習慣

生活習慣で問題になってくるのは、睡眠と入浴です。

 

このふたつを侮っていると、美肌に悪影響が出やすくなります。
これについても、毎日の事なので気をつけてほしいと思います。

 

まずは、睡眠から

夜更かしや睡眠不足、仕事が忙しいといった理由で十分寝ていないという人は要注意です。
徹夜などした翌日に頭痛や体が重くだるい感じやお肌が乾燥しているといった事を感じた事が誰でもあるかと思います。
この不調が起きる原因は、夜睡眠中にお肌を含む体中の細胞が修復し再生されているからなのです。

 

修復と再生というのは血液を通して行なわれますが、日中の間は血液の多くが脳に集中していますので
肌まで酸素や栄養は届きません。
なのですが、睡眠中は血液が体中に流れ、肌に必要な栄養をしっかりと送ることができるため、美肌の為にとても良いのです。

 

また、眠り始めの3時間くらいは若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌が盛んになり、肌内部では細胞分裂が行われます。
肌や内臓の修復には少なくても6時間以上はかかるので、それより睡眠時間が短くなると
外からのスキンケアにどれだけ気を使っても、肌トラブルが発生しやすくなります。

 

美肌のために良い睡眠時間というのがあります。
それは夜の10時から深夜の2時です。
この時間帯に睡眠を取ることで、美肌とって良い睡眠がとれます。
合わせて、眠る時間を一定にすることも大切なポイントになります。
毎日違う時間に寝ていると体内時計が狂い、成長ホルモンの分泌が減少してしまうので、できるだけ決まった時間に眠るようにしましょう。

 

続いては入浴です

入浴も毎日の事ですよね。
メイクを落としたり汚れを洗い流したりと、その日の締めくくりのようなものですね。

 

入浴もお肌に良いのは当たり前ですが、やりすぎは禁物です。
そのやりすぎというのは以下のように

  • からだをごしごしと洗いすぎない。
  • 熱すぎるお湯でからだを洗ったり、つからない。
  • 長湯しすぎない。

といった事を気をつけてください。
では、ごしごしと洗いすぎないですが
スキンケアのところでお話した内容と同じ理由です。
次に、熱いお湯です。
熱いお湯だと、お肌に刺激がちょっと強いんです。
そうなると、お肌にはストレスになってしまうので悪影響になってしまいます。
そして、長湯しすぎないこと。
長湯する事が多い方は、わかると思いますがお肌がふやけてしまいます。
これは、あまり良くないのです。
ふやけてしまうと、お肌に必要な成分がお湯に溶け出してしまう為
乾燥肌になりやすくなったりしてしまいます。
なのでお肌は、刺激をあまり与えないようにやさしくお手入れしてあげて下さい。

 

そして、もう一点
水道水には、塩素が入ってますよね。
この塩素もお肌に悪いです。
ですが、ビタミンCを入れると中和してくれます。
薬局なんかで粉末のアスコルビン酸というのが販売されていますので、これを入れるだけで問題なしです。
入浴剤もいろいろ出てるので探してみると良いかもしれないですね。

食生活

これも大事なことです。

 

食事をしないと生きていくことができないですから。
ですが、日光を浴びるだけでいい人や何も食べないで大丈夫な人もいてるようですね。

 

とはいえ、多くの方はご飯を食べないと元気が出ないという人だと思います。

 

なのに、ダイエットだからと食事制限や断食をして栄養のバランスが崩れてしまい
この事が原因で、お肌がボロボロになってしまった。
という、過去を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

少し長くなりましたが、お肌にとって大切な栄養を取らないといけないのに
無理なダイエットをしてしまうと、お肌に使われる栄養のほとんどが
活動するためのエネルギーとして使われてしまうからです。
そうなると、お肌を健康的な状態に戻す力が弱くなってしまう為
どんどんお肌の状態が悪くなっていってしまうわけです。

 

 

つぎは、食べすぎです。
さっきは、食べろといったのに今度は食べるなというのかと思った方は多いでしょうね。

 

詳しく説明すると、添加物などを多く含むものを食べる事を減らす事。
ポテトチップス
ハンバーガー
から揚げ
などなど、と上げていけばいろいろありますが食べ過ぎるとお肌に悪いです。
お肌の事を考えるのであれば、減らすようにした方が良いです。

 

お肌だけではなく、健康にも影響が出るからというのも理由の1つです。

 

お菓子やファーストフードを食べるなというのは難しいと思いますし
ダイエットをしたくなる気持ちもよくわかります。

 

ですが、ほどほどにするようにしてくださいね。

 


おすすめ美白成分 お肌の老化の原因 話題の美肌成分紹介 乾燥肌の原因