美肌成分でアンチエイジング

化粧品選びのポイント

しわ・たるみ・くすみ・シミ、年齢を重ねるごとに増えていくお肌のトラブルに適したアンチエイジング世代にあった化粧品を選べてますか?
ハリやツヤを取り戻すために、あるいはキープするために、注意しなければいけない基準があります。

 

ここでは、正しいエイジングケアを考えた上での化粧品を見極める要点をまとめています。
いまお使いの化粧品を確認してみてください。 今の自分に適したエイジングケアをすれば、改善は見られますので遅すぎるなんてことはありません。
しかも、20代から肌の老化は始まっているので早すぎるといったこともありません。

 

肝心なのは、宣伝や評判に惑わされないようエイジングケアのポイントとなるところを理解しておくことです。

選び方は原因を考えて

肌のエイジング(老化)の大きな原因は

  • 光老化
  • 酸化
  • 乾燥
  • 菲薄化(ひはくか)
  • 糖化

以上の5つが考えられます。

 

このそれぞれの原因が影響しあって

  • しわ
  • たるみ
  • シミ
  • ハリ低下
  • ほうれい線
  • くすみ

といった、いろいろな肌のトラブルを引き起こします。

 

アンチエイジング世代をターゲットにした化粧品は、すべてこの5つの原因のうち
どれかひとつもしくは複数の悩みを抱えている方を対象につくられた化粧品です。
自分自身の悩みに適した化粧品選びは、原因を把握することが大切になってきます。

 

以下より、それぞれの原因について解説していきます。

5つの原因

光老化

紫外線を長期にわたり浴び続けていることで、シミやしわやたるみなどを引き起こしてしまう状態を「光老化」と言います。
例えば、紫外線があたりやすい手の甲とあたりにくい二の腕の内側を比べてみると
二の腕は触れた感じがなめらかで色も白いと思います。
手の甲は皮膚の色もくすんで、触れた感じがごわついていたり、カサカサした感じがするのではないでしょうか?

 

この原因は紫外線を浴びる量によってメラニンの量やコラーゲンにも違いが現れているからです。
普通の老化は肌の機能や女性ホルモンの働きの低下によって表れてきますが
光老化は紫外線の影響による老化であるため紫外線から肌を守ってあげる事で、抑えることができます。

 

紫外線にはUV-AとUV-Bの2つがあります。老化により密接に関係しているのはUV-Aです。
UV-Aは肌の真皮まで到達して
肌のハリを保っているコラーゲンとエラスチンの2つの線維を壊してしまうことで肌にたるみやシワといった影響が現れます。
それに対して、UV-Bは真皮にまで到達しませんがシミの原因となってしまいます。

 

酸化

鉄などの金属や食べ物などは長い時間空気に触れていると酸化し錆びてもろくなったり色が変わったりします。
肌の細胞も酸化することによる衰えや老化したりしますが、空気に触れることが原因で酸化するわけではありません。

 

呼吸することによって体内に取り込まれた酸素のうち、エネルギーとして使いきれずに残ってしまった酸素が活性酸素へと変化してしまって、脂質とくっついて細胞を酸化させます。
このことを肌の酸化と言います。
細胞が酸化してしまうと、真皮のコラーゲンが硬くなり弾力が低下してしまうなど、お肌の老化が進んでしまいます。

 

乾燥

角質層の潤いを保つ天然の成分が20歳をピークに少なくなっていくことが原因となってお肌の乾燥が現れてきます。

 

肌が乾燥してくると、コラーゲンやエラスチンを補給する線維芽細胞の働きが悪くなり、結果として肌にたるみやシワが現れるようになります。
肌の乾燥には、油分や水分よりもセラミドなどの保湿成分を含んだ基礎化粧品を使うのが効果的です。

 

菲薄化(ひはくか)

菲薄化(ひはくか)という言葉を聞きなれないという方も多いかもしれませんが、年齢を重ねるたびに真皮のコラーゲンやエラスチンの量が少なくなり、表皮が薄くなっていく事をを言います。

 

これと密接に関係しているのが女性ホルモンで、20?30代をピークに女性ホルモンの分泌が減ると、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど、肌の土台を形成する成分が減っていきます。
また新陳代謝も衰えていくため皮脂線の働きが悪くなり、皮脂を生成するスピードも遅くなってしまいます。

 

そのため、新しい細胞を生成する力も弱くなり肌が少しずつ薄く痩せていき、肌の弾力がなくなってしまったり、たるんでしまったりします。
皮膚の薄さに個人差はありますが、紫外線などで細胞が傷つき菲薄化の進行を早めてしまうこともあります。

 

糖化

糖化というのは、体内にあるたんぱく質が、食事などによって取り込まれた糖とくっつくことで、糖化したタンパク質(AGEs)が生成され、体内に溜まっていってしまうことを言います。

 

糖化生成物は褐色なので糖化が進んでいくと肌を黄色くくすんだ色に見せ、老けた印象を与えてしまうでしょう。
また、糖化生成物は一度できてしまうと分解されることなく次から次へと溜まっていってしまう上に、コラーゲン同士を固めてしまって、ハリのなさやたるみの原因となってしまいます。

 


おすすめ美白成分 お肌の老化の原因 話題の美肌成分紹介 乾燥肌の原因