美肌成分でアンチエイジング

美肌をつくる新成分EGFの効果について

現在、EGFは美容業界でも美肌をつくる成分として注目されている話題の成分です。

 

このEGFとは、どういった成分なのかを解説していきたいと思います。

EGFについて

「EGF」(上皮成長因子)は、もとは体の中に存在するタンパク質の1種で
細胞内にて肌のダメージの修復や新しい細胞の形成と形成を促す働きが期待でき、美肌の為には欠かすことができない成分です。

 

体内に存在する「EGF」は20歳をピークにどんどん少なくなり始め、40歳になると2〜3分の1までに減ってしまうので
エイジングサインを深刻化させないためにも自分自身でで補う必要が生じるのです。

 

 

体内に存在するEGFの美容への効果

  • 潤いを保持して肌を刺激や乾燥から守る
  • ダメージを受けた肌の細胞を修復し、しわ・たるみを予防やケアを期待できる
  • 肌の代謝を促進させてダメージを受けた細胞の再生を促す

EGFを選ぶポイント

「EGF」成分は、化粧水・乳液・美容液・クリームと数多くの化粧品に配合することができますが
一番効果的に肌へ取り入れたいのでしたら、美容液がおすすめです。
なぜかというと美容液が有効成分を肌に届ける目的で作られたものなので
化粧水や乳液と比べてみてもより凝縮された成分が配合されているからなのです。

 

ここで「EGF」美容液の選ぶポイントをご紹介します。

 

EGF=ヒトオリゴペプチド-1配合のものを選ぶ

「EGF配合美容液」は、必ず「ヒトオリゴペプチド-1」と成分表記されているものを選んでほしいです。
なぜかというと「EGF配合美容液」の中には「EGF配合」とパッケージに表記されているけれども
実際は本物の「EGF」ではない類似の成分を配合しているものもあるためです。
本物の「EGF」成分は化粧品成分の表示名に「ヒトオリゴペプチド-1」と表記されており、厚生労働省が2005年に認可しています。
購入するときは必ず成分表示を確認して本物の「EGF配合美容液」を選びましょう。

 

肌が乾燥しやすい方や敏感肌の方は「プロテオグリカン」配合美容液を

肌が乾燥しやすい方や敏感な状態に傾きやすいという人は、「EGF」成分そのものではなく
「EGF」似た働きが実証されている「プロテオグリカン」という成分を取り入れる事をおすすめします。
なぜなら、「EGF」という成分は肌への浸透力が高いため(※角質層まで)
肌が乾燥しやすい方や敏感な状態に傾きやすい方は「EGF」成分によって刺激を感じて肌が荒れたり、かゆくなってしまうことが考えられるからです。
「プロテオグリカン」という成分は「EGF」と同様、体内に存在する成分で「EGF」と似た働きを持ちながら
肌が乾燥しやすい方や敏感な状態に傾きやすい方でも心配することなく使うことができる刺激性が少ない成分です。
保水力はヒアルロン酸の1.3倍もあり、肌の代謝を促すサポートやコラーゲンの生成サポートをしながら肌荒れやシワを予防・改善し
メラニン生成を抑える働きや色素沈着にも期待ができます。
肌が乾燥しやすい方や敏感な状態に傾きやすい方は、「EGF」ではなく「プロテオグリカン」配合美容液を選んでみて下さい。

 

※プロテオグリカンにEGFと似た働きのあるということは、弘前大学のヒト線維芽細胞を用いた研究によって確認されていて
それ以外にも細胞の再生やコラーゲン・ヒアルロン酸の産生などで実証されています。

 

高い潤い力を期待できる保湿成分が配合されているものを選ぶ

「EGF」または「プロテオグリカン」の働きを最大限に引き出すことを望むなら
「EGF」・「プロテオグリカン」の働きをサポートする保湿成分が配合されているかを忘れずチェックしてください。
保湿成分もたくさんありますが、特に保湿力が高いのは、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタ・レチシン・エラスチンなどがあります。
できるだけ、これらが配合されている「EGF」または「プロテオグリカン」美容液を選んでくださいね。

 

 

〜話題の美肌成分一覧〜

 


おすすめ美白成分 お肌の老化の原因 話題の美肌成分紹介 乾燥肌の原因